読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年のふりかえり

さて、もう一個の記事です。

本当この一年は振り返っておかないともったいない一年だったので振り返っておきます。

もう2016年になっちゃったけどスルーします。僕が認めるまで2015年です。

考えてみると、Node.js日本ユーザーグループ代表になって2年目です。当初あげていた目標である、海外に向けての意見発信であったり、国際カンファレンスでの発表経験だったり、YAPCやCROSSでの講演と本当に色々経験させてもらいました。

1月

◆ CROSS 2015 で講演(OSSという枠でパネルディスカッション)

2015.cross-party.com


◆ io.js 出たばかりで issue 追ったり PR 出したりしてました。
当初の目的は io.js と Node.js の混乱を少なくとも国内だけは抑えられるようにしようと思っていました。

2月

◆ 東京Node学園祭で io.js について発表

◆ Node.js v0.12 が出たのでサマリをまとめる。
yosuke-furukawa.hatenablog.com

3月

◆ io.js Evangelism WG に入る。この頃から翻訳活動だけじゃなくて、io.js weekly reportをたくさんするようになる。

4月

◆ Hexi をリリースして、 http2study で発表するなど。

◆ NodeSchool Tokyo を主催する。
yosuke-furukawa.hatenablog.com

◆ TowerOfBabel を作って、400 star 稼ぐ。
yosuke-furukawa.hatenablog.com

◆ React meetup で mithril とか mercuryの話をする

5月

◆ isomorphic meetup を開催。
nodejs.connpass.com


◆ io.js v2.0 をまとめつつ、 io.js Collaborator にもなる。
yosuke-furukawa.hatenablog.com

◆ NodeSchool International Day を主催する。
nodejs.connpass.com

6月

◆ ES2015 が制定。 ES6 meetupを開催。
nodejs.connpass.com


◆ StrongModeについて発表

◆ NodeConf Adventure に参加。
yosuke-furukawa.hatenablog.com
yosuke-furukawa.hatenablog.com


7月

gloopsさんの勉強会で Future of Node について発表、

8月

YAPC ASIA で Node.js と io.js の発表をする。

個人的にはかなり大きいカンファレンスでの発表だったので嬉しかった。これまでYAPCは見る側だったので感慨深いです。

◆ io.js v3.0.0 リリースをまとめて解説
yosuke-furukawa.hatenablog.com

◆ io.js collaborators meetup in San Francisco に参加してました。


9月

◆ NodeConfEUで発表してきたり!

yosuke-furukawa.hatenablog.com

◆ ISUCON5 参加 アンド 惨敗
yosuke-furukawa.hatenablog.com

◆ Node.js v4.0 リリースそしてまとめ!
yosuke-furukawa.hatenablog.com

10月

◆ Node.js v4.0 の話を 東京 Node 学園 18時限目で発表しました。

11月

東京Node学園祭2015を開催しました。
yosuke-furukawa.hatenablog.com

nodefest.jp

このために半年くらいかけてたので、みんな楽しんでくれて本当報われました。

◆ enjapanさんで国内外で活躍するエンジニア向けに発表してきました。

12月

◆ GTUGGirls に呼ばれて講師をしてきました。
gtuggirls.connpass.com

electronica を作ったのもこの時でした。


◆ NodeSchool Tokyo in leverages
nodejs.connpass.com

◆ JSおじさんで発表してました。

まとめ

総括すると、本当に色々経験させてもらった一年でした。この一年で得たものは大きかったので次の年は絶対にこれを更に大きな経験にしたいと思
います。特に海外での発表経験はすごく良かったので来年も継続していきたいと思います。そのためには再度発表できるクオリティの物を仕込めるようにしていきたいと思います。

また仕事的にも面白い事がたくさんできるようになってきているので、どんどん発表していきますね。

2016年もよろしくお願い致します!!