YAPC::ASIA 2015で「どうしてこうなった? Node.jsとio.jsの分裂と統合の行方。これからどう進化していくのか?」というタイトルで発表してきた。

YAPC::ASIA 2015 でスピーカーとして参加してきました。 2014年に一度スポンサーセッションでトークしましたが、2015年はCFPを出しつつスピーカーとして参加してきました。自分がNode学園のオーガナイザーになってみてわかりますが、YAPCの規模で毎年カンフ…

YAPC::Asia 2015 で Node.js のこれからの話をします。 #yapcasia

さてさて、本当にNode.js と io.js の話も大詰めになってきました。今年は io.js オジサンとしてそれこそサンフランシスコに行ったり、発表や講演も多数行ってきました。 io.jsの中の人になれたり、Evangelistとして認定されたりしました。io.jsというプロダ…

io.js v3.0.0 がリリースされました。

io.js v3.0.0. がリリースされました。めでたい! io.js - JavaScript I/Oiojs.org さらにめでたいことに、次のv4.0.0リリースはとうとうお待ちかねの Node.js との converged されたバージョンになります。既にコアメンバーは v4.0.0 のリリースに向けて動…

NodeConf Adventure 2015 に行ってきました。(三日目、四日目に起きたこと)

さて、三日目と四日目に起きたことを書いていくよ!三日目も同様にアンカンファレンス形式でスタートホワイトボード見てもらって分かるかもしれないけど、 Diversity, Documentation, JS Modules, Streams, FrontEnd Packaging, Error Handling などが三日目…

NodeConf Adventure 2015 に行ってきました。(一日目、二日目に起きたこと)

NodeConf に行ってきました。 NodeConf っていうのは Node.js のための勉強会です。 io.js の中心人物である mikeal や、 npm のCEO である izaacs 、 hapijs author であり、先日 Walmart を退社した Eran Hammer など、そうそうたるメンバーの中でディスカ…

YAPC で Node.js のトークに応募しました。

Node.js 日本ユーザーグループ代表の古川です。YAPC でまだ話せるのかは分からないのですが、せっかくなので宣伝させてください。 YAPC というイベントでトーク応募しました。どうしてこうなった? Node.jsとio.jsの分裂と統合の行方。これからどう進化して…

Node.js と io.js の統合は最終局面へ

いくつかこの何日間でニュースが出ているので紹介します。ちなみに、 io.js と Node.js のニュースに関してはこれまで2つ書いたので、まだ良く知らない人はそれをまずはご一読ください。io.jsについて知っていること - from scratchyosuke-furukawa.hatenab…

io.js の v2.0 が出ました。

さてさて、久しぶりのio.js エントリですが、この度 io.js の v2.0 が出ました。 変更点をかいつまんで説明しましょう。書いてたら長くなってしまったので、サマリだけでいい人は最後のまとめを読むだけでいいと思います。io.js は変化がものすごく激しく、v…

Hexi というサイトを作りました (http2study で発表しました。)

HOME|Hexi みんなのステッカー制作室hexi.pics Hexi というサイトを作ったので紹介です。 What is Hexi Hexagonal Sticker as a Service と僕が勝手に呼んでいるものです。単純に六角形のステッカーを作って、公開して、購入できるECサービスです。 六角形…

ES6 を学べる tower-of-babel を作りました。 (workshopper の作り方)

さて、NodeSchool が開校された時に、ES6を学べるチュートリアル的なものがほしいと思い、tower-of-babelという名前のチュートリアルツールを作成しました。yosuke-furukawa/tower-of-babelgithub.com このツールはnpm/node.jsを使って作っています。実際に…

NodeSchool Tokyo を開催しました

NodeSchool Tokyo を開催しました。かなり面白かったのでその様子をちょっとでもお伝えできればと思います。 NodeSchoolとは JavaScript に関する授業を集めた学校です。みんなでコードを書いたり、問題を解いたりすることで勉強できるようになっています。…

io.js と Node.js の和解への道

io.jsがリリースされてから早二ヶ月が経過しました。io.js Evangelistの一人になりました。 @yosuke_furukawa です。Node.js側との和解の状況へある程度話が進んできたようなので、ここらへんで一回振り返りましょう。 また、io.jsの最新情報は io.jsブログ …

東京Node学園 15時限目を開催しました

東京Node学園 15時限目 (2015/02/10 19:00〜) 東京Node学園 15時限目を開催しました。 ちょうど前回の学園祭から4ヶ月ぶりで4ヶ月も何もしないとかなり濃厚なネタが揃っていました。既に素晴らしいレポートがいくつも上がっているのでそちらも参考にしてくだ…

Node.js v0.12 がリリースされました。

Node.js v0.12 がリリースされました。 さてさて、さいきんずっとio.jsの話をしてましたが、この度Node.js v0.12がリリースされました。 これまでずっとNode.js v0.12でどう変わるのかを話してましたが、この際一度、何が変わったのかおさらいしておきましょ…

io.js がリリースされました

さてさて、io.js ver.1.0.0, 1.0.1 が無事アメリカ時間の1/13日に予告通りリリースされました。 リリースから数日経過して、現在はv1.0.3が出ています。ある程度v1.0が安定してきた今、実際にNode.jsとどう違うのかを解説したいと思います。 Node.jsと機能的…

2015年のWeb UX/Performance

この世界入って色々とフロントからサーバーまで手広くやっているのはやっぱり性能とかUXとかを最大限にするためには上から下まで知っていないとできないと思っているから。Node.jsをやり始めたのもその頃流行りはじめていた "WebSocket" を知りたかったのと…

JavaScriptの科目

なんかブログのお蔵入り記事を見返してたら色々出てきたので見切りでリリースしておく。今読むとなんか合わない気もするし、まぁお酒の中での与太話程度に見ておいてください。 これの話してたのは2月くらいなので一年位経過してる。。 JavaScript の科目 先…

io.jsについて知っていること

今、Node.jsに起きてることを語る上で、io.jsは避けて通れない話題でしょう。今回のNode.js アドベントカレンダー 2014の締めを飾るために、このio.jsについて僕が知っている限りの事をまとめて書くことにします。io.jsを知り、今後"Node"がどうなっていくの…

文字認識ライブラリ okrabyte を使ってS3にPUTされた画像をAWS Lambdaで文字認識する

このエントリはAWS Lambda Advent Calendar 2014 - Qiitaの(本当は9日目の)記事です。 (ちょっとAWS Lambdaのアカウント取得に手間取ってしまって遅刻してしまいました。。すいません。。) AWS Lambda とは AWS LambdaはAmazonが作った新サービスであり、S3…

WebRTCをcordovaから使えるようにする PhoneRTCの紹介

このエントリはWebRTC Advent Calendar 2014 - Qiitaの20日目の記事です。最初に断っておきますと、PhoneRTC使って何か作ってみようとしたんですが、ちょっと自分の実力及ばず、少ない期間でそこまではできなかったので簡単な紹介です。実際に何か作れたらま…

EcmaScript6 + power-assert でテストを書く

この記事はJavaScript Advent Calendar 2014の15日目の記事です。さてさて、EcmaScript6に対する機運が高まっている中で、ES6の新機能の紹介記事が出てきておりますが、ES6が使えるブラウザはまだ浸透しておらず、使おうとするならばTraceur Compilerや6to5…

Yet Another JSON な json5をgolangでparseできる奴を作った

このエントリは Go Advent Calendar 2014 の記事です。さて、僕はJSONSchemaで疲弊してたんですが、主に疲弊してた理由としてはJSONの表現力不足(ケツカンマ許さない、コメントかけない等)とJSONSchema Validatorで不正な値があった時の情報量の少なさでして…

Stream今昔物語

この記事は Node.js Advent Calendar 2014 の 1日目の記事です。こんにちは、代表です。Stream大好きなみんなのためにStreamの過去と現在、そして未来についてお話するよ!! Streamを何故使うのかっていう話と歴史的な話をします!! Streamとは データの流…

東京Node学園祭 2014を開催しました

写真は @summerwind さんからです!ありがとうございました。僕が最初に参加した学園祭から3年、まさか開催する側に立つとは3年前の僕は思いもしなかった。すごく楽しかった!!東京Node学園祭 2013にスタッフ兼スピーカーとして参加しました。 - from scrat…

【翻訳】リッチなWebアプリケーションのための7つの原則

はじめに この話はGuillermo Rauch氏が書いた7 Principles of Rich Web Applications | という記事の翻訳です。許可を得て翻訳しています。ここ最近Web業界を賑わしているSingle Page Applicationの必要性、HTTP2/SPDYといった技術、リアクティブプログラミ…

ES6+カジュアルトークを開催しました #es6_casual

ES6+カジュアルトークを開催しました。Ustreamはこちらです。 Ustream.tv: ユーザー dena_tech: DeNA Technology Seminar #ES6+カジュアルトーク, Recorded on 2014/10/29. コンピュータ 僕はES6を追い始めたのが遅くて、ちゃんと追うようになったらもっと前…

Node.jsのコミュニティに変化を与えるnode-forwardについて

ちょっとここ最近node.jsを騒がせてるnode-forwardについてまとめました。 node-forwardとは Node.jsを専門とするTechnical Committee(技術委員会)です。 nodeforward.org というサイトができており、簡単にそこに書かれている事を翻訳しておきました。 [翻…

WebRTCについての話を社内勉強会でしてきた

ずっと興味はあったし、追っていたんですが手は出せていなかったWebRTCについてやっと学ぶことが出来ました。ハイパフォーマンス ブラウザネットワーキング ―ネットワークアプリケーションのためのパフォーマンス最適化作者: Ilya Grigorik,和田祐一郎,株式…

JSオジサン #3 で colo について話してきた。

coloについては、前にこのブログでも触れたんですが、今回のためにcoloをブラウザ対応させました。 <script type='text/javascript' src="./colo/colo.js"></script> <script type='text/javascript'> colog(colo.red("colo colo")); colog(colo.cyan.bold("colo colo")); colog(colo.green.underline("colo colo")); colog(colo.magenta.italic.bold("colo…

nodeconf.eu 3日目 (mad science, leveldb, strongloop)

「英語すごいできるんですね。」みたいなコメントが有ったんですが、できないです。 相手が伝えている情報のうち、分かる単語から情報を拾って、確認するっていう、3 way handshake みたいな確認を逐一しながら補完しているだけです。要は気合です気合。向こ…